閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

格安SIMを解約したい!格安SIMキャリア別・解約手順・解約費まとめ

「格安SIMの使い勝手が悪い」「他社の格安SIMの方が料金がお得」など、さまざまな理由から格安SIMの解約を検討している方は少なくありません。

しかし、格安SIMはキャリア(MVNO)によって解約手順・解約費用・格安SIM返却の有無は違い、非常にわかりにくいですよね。

そこで、今回は格安SIMキャリア別の解約手順・解約方法・返却物を一覧で紹介します!

格安SIMの解約にお悩みの方はぜひご覧くださいね。

BB博士

と、その前に!この記事で紹介する格安SIM解約後のおすすめ乗り換え先を一足先に紹介しちゃいます!

格安SIM解約後にお勧めの乗り換え先3選!

UQモバイル
  • 期間によってはキャッシュバックキャンペーンを実施!
  • 格安SIMの中でも通信速度が最高速!
  • 通信速度が全時間帯を見ても比較的安定している!
  • 口座振替での支払いが可能!

UQモバイルの詳細はコチラ

楽天モバイル
  • キャンペーンが多数展開&定期的に更新あり!
  • 通話SIM格安スマホをセットで購入すると非常にお得!
  • 通話SIMの契約で楽天市場のポイントが2倍!楽天ユーザーにはおすすめ!
  • 口座振替での支払いが可能!

楽天モバイルの詳細はコチラ

LINEモバイル
キャンペーンのお得度は低めですが、 LINE/Twitter/Facebook/インスタグラムなど人気のSNSアプリのデータ料が無料!
SNSをメインにスマホを使いたい人にはLINEモバイルがおすすめ
LINEモバイルの詳細はコチラ
BB博士

少しでも割引・キャッシュバックキャンペーンが多い格安SIM会社(MVNO)に乗り換えることで、グッとのしかかるMNP手数料などの負担を抑えることができるんだ!

それでは、格安SIM解約について詳しくチェックしていきましょう!

助手のジョン

使っている僕の格安SIM、僕の携帯の使い方とあまり相性が良くないみたいなんだ…。
だから格安SIMを解約したいんだけど、格安SIMって乗り換えにタイミングとかあるのかな?

BB博士

もちろん!格安SIMはタイミングを見て解約しないと、解約金・違約金がかさんじゃうからね。
まずは格安SIMを乗り換えるタイミングから確認していこう!

格安SIM解約のタイミングは「最低利用期間の終了後」

格安SIMの解約を考える時、解約しても損をしないタイミングを知っておくことが必要です。

格安スマホ各社は多くの場合、音声通話付きSIMの契約で最低利用期間というものを設けています。

各社別の最低利用期間は6か月~12か月というところがほとんど。

最低利用期間に満たないうちに解約すると、解約違約金が発生してしまいます。

解約違約金の発生を防止するためにも、格安SIMを解約するのは最低利用期間を過ぎたタイミングがおすすめですよ!

BB博士

さらに!格安SIM解約の前準備として、解約のタイミングだけじゃなく「準備物」も紹介しちゃうよ!

格安SIM解約前の準備物

格安SIMの解約をスムーズに行うため、事前に準備しておくものは次の通りです。

  • 格安SIMのマイページへログインするためのID・パスワード
  • 契約中のSIMカード

なお、万が一マイページへログインするためのID・パスワードを紛失してしまった場合でも、契約中の格安スマホ会社に問い合わせを行えば、IDの確認やパスワードの再発行が可能ですよ。

格安SIM解約前にメールアドレスを登録しなおそう

格安SIMの解約手続きをした後、解約処理の完了通知など、大切なお知らせをメールで送ってくる格安スマホ会社(MVNO)は多いです。

格安SIM会社からの通知が送られてくるのは、格安SIMの契約時に登録したメールアドレスです。

もし、解約後のお知らせを契約時と違うメールアドレスに受信したい場合や、普段お使いのアドレスが格安SIM契約時に登録したものと違う場合は、格安SIMの解約手続きをする前にWebサイトなどのマイページから、メールアドレスの変更をしておきましょう。

解約をしてしまってからでは、アドレス変更などが気軽にできません

助手のジョン

更新のタイミングも確認したし、解約の準備物も揃えたよ!

BB博士

それじゃあいよいよ、格安SIM解約の手順をチェックしていこう!

【キャリア別】格安SIMの解約手順と解約申込窓口まとめ

格安SIM解約の大まかな手順は次の通りです。

  1. 契約中の格安SIM会社のサイトへログインする
  2. 指定の解約手続きを行い、契約を解除する
  3. SIMカードを返却する

しかし、実は格安SIM会社によって解約方法が変わる場合もあるのです!

そこで今回は、格安SIMのキャリア別に解約方法を紹介します!

お使いの格安SIMキャリアをぜひチェックしてくださいね。

UQモバイルの解約手順と解約窓口

UQモバイルの解約手順はたった一つ!

UQお客様サポートセンターへ電話をして、解約を申し出ます。

UQお客様サポートセンター
0120-929-818
※受付時間:9時30分~20時30分、年中無休

UQモバイルは電話をしたその日に解約する「即日解約」なので、解約希望日に合わせて電話をしましょう。

月末や受付時間直前は電話窓口が混雑し、つながらないこともありますので、余裕を持って連絡してくださいね。

また、UQモバイルはSIMカードの返却は不要です。

OCNモバイルONEの解約手順と解約窓口

OCNモバイルONEの解約手順

  1. OCNのマイページへログインする
  2. 「解約の手続き」をクリックし、契約を解除する
  3. SIMカードを返却する

OCNモバイルONEの解約はインターネットの公式ページから受け付けています。

ちなみに、スマートフォンから公式ページにアクセスしても、解約ボタンは表示されませんので、必ずパソコンページからログインしてください。

パソコンをお持ちでない方や、音声通話SIMをご契約の方は、OCNのサービス提供元であるNTTのカスタマーフロントへ電話をして格安SIMを解約しましょう!

NTTカスタマーズフロント
0120-506506
※受付時間:10時~19時、日曜・祝日・12月29日~1月3日を除く

OCNモバイルONEでは、SIMカードを返却する必要があるため、解約時の案内に沿って郵送しましょう。

LINEモバイルの解約手順と解約窓口

LINEモバイルの解約手順

  1. LINEモバイルのマイページへログインする
  2. 「解約・MNP転出」をクリックし、契約を解除する
  3. SIMカードを返却する

LINEモバイルの解約手続きは、LINEアプリかLINEモバイル公式サイトから申し込むことができます。

使い慣れたLINEアプリからも解約ができるのは、簡単でいいですね!

LINEモバイルでは、SIMカードを返却する必要があるため、解約時の案内に沿って郵送しましょう。

楽天モバイルの解約手順と解約窓口

楽天モバイルの解約手順

  1. 楽天モバイルに電話で解約を申し込む
  2. SIMカードを返却する

楽天モバイルの音声SIMカードの解約受付は、楽天モバイルカスタマーセンターへの電話のみ

インターネットや実店舗では申請できませんので、ご注意ください。

楽天モバイルカスタマーセンター
0800-600-0000
※受付時間:9時~18時、年中無休

データSIMの解約やオプションの解約は、楽天モバイルの公式サイトから解約ができます。

楽天モバイルでは、SIMカードを返却する必要があるため、解約時の案内に沿って郵送しましょう。

マイネオの解約手順と解約窓口

マイネオの解約手順

  1. マイネオ公式サイトのマイページへログインする
  2. 「解約・他社へのMNP転出をご検討中のお客さまへ」をクリックし、契約を解除する
  3. SIMカードを返却する(タイプDのみ)

マイネオの解約手続きはインターネットで受け付けています。

解約手続きをおこなうためにマイネオ ユーザーサポートへアクセスすると、困り事や不満点を聞かれます。


引用:マイネオ ユーザーサポート

上記のアイコンをクリック(どれでも構いません)した後、ページの下の方に「解約の方はこちら」が出てきたら選択し、解約手続きを進めてください。

また、マイネオではドコモ回線を利用したDタイプを契約した方のみ、SIMカード返却の必要があります。

ワイモバイルの解約手順と解約窓口

ワイモバイルの解約方法は、郵送もしくはワイモバイルショップでの手続きのみです。

お近くにワイモバイルのショップがある方は、ワイモバイルショップにて直接解約をしましょう。

「最寄りにショップがない」「ショップに行く時間がない」という方は、ワイモバイルカスタマーセンターに連絡をし、必要事項などを聞いてから郵送で解約手続きをします。

ワイモバイルカスタマーセンター
  • ワイモバイルの電話から:116
  • 他社の携帯電話・固定電話などから:0120-921-156
  • ※受付時間:9時~20時、年中無休
    自動ガイダンスの後、解約は短縮番号「22」

    ワイモバイルの解約時、SIMカードを返却する必要はありません。

    イオンモバイルの解約手順と解約窓口

    イオンモバイルの解約は、インターネットでは受け付けていません。

    イオンモバイルお客様センターへの電話か、イオンにある「ご契約即日お渡し店舗」への来店で格安SIMの解約手続きが可能です。

    イオンモバイルお客様センター
    0120-025-260
    ※受付時間:10時30分~19時30分、年中無休

    イオンモバイルの解約時、SIMカードは返却の必要がありません。

    BIGLOBEモバイルの解約手順と解約窓口

    BIGLOBEモバイルの解約手順

    1. BIGLOBEの公式サイト内、マイページへログインする
    2. 「各種手続き」をクリックし、契約を解除する
    3. SIMカードを返却する(タイプDのみ)

    BIGLOBEモバイルの解約はインターネットで受け付けています。

    解約受付窓口は、一部のスマホからのアクセスに対応していませんので、万木地アクセスできない場合はパソコンなどからログインしてください。

    また、BIGLOBEモバイルではドコモ回線を利用したDタイプを契約した方のみ、郵送でSIMカード返却の必要があります。

    DMM.モバイルの解約手順と解約窓口

    DMM.モバイルの解約手順

    1. DMM.モバイルのマイページへログインする
    2. 「ご契約内容の変更」を選択し、契約を解除する
    3. SIMカードを返却する(タイプDのみ)

    DMM.モバイルの解約手続きは、インターネットから申し込みます。

    DMM.モバイルはいつ解約しても、その月の最終日まで解約になりませんのでご注意ください。

    また、DMM.モバイルはSIMカードを返却する必要があるため、解約時の案内に沿って郵送しましょう。

    SIMカードの返却忘れに注意!格安SIMの返却先一覧表

    格安スマホ会社によって、SIMカード返却の有無は変わります。

    SIMカードの返却が必要な場合は、解約後すみやかに郵送しないと違約金などが請求されることもありますよ!

    SIMカード紛失、もしくは返却しなかった場合の損害金をはっきりと定めている事業者もあれば、「損害金を請求」とだけ記載されている事業者もあり、SIMカード紛失・返却でいくら請求されるか分からないというのも怖いですよね。。

    そこで、格安スマホ会社ごとにSIMカードの返却有無と、返却する場合の郵送先住所もまとめましたので、ご確認ください!

    スマホ会社
    返却先住所
    UQモバイル
    返却不要
    OCNモバイルONE
    〒143-0006
    東京都大田区平和島3-6-1
    東京団地倉庫A2棟
    住友倉庫内「OCN SIMカード回収係」行
    LINEモバイル
    〒277-0834
    千葉県柏市松ヶ崎新田字水神前13-1
    ロジポート北柏501
    LINEモバイル株式会社 解約窓口
    楽天モバイル
    〒107-0052
    東京都港区赤坂4-2-19 赤坂SHASTA・EAST 5F
    楽天モバイルSIM返却係
    マイネオ
    ・タイプA:返却不要
    ・タイプD:
    〒530-8780
    日本郵便株式会社 大阪北郵便局 私書箱75号
    株式会社ケイ・オプティコム お客さまサポートセンター
    mineo係 行
    ワイモバイル
    返却不要
    イオンモバイル
    返却不要
    BIGLOBEモバイル
    ・タイプA:返却不要
    ・タイプD:
    〒277-0834
    千葉県柏市松ヶ崎新田字水神前13-1 ロジポート北柏501
    ビッグローブ株式会社
    「BIGLOBEモバイル」/「BIGLOBE 3G」SIMカード返却センター
    DMM.モバイル
    〒143-0006
    東京都大田区平和島3-6-1 東京団地倉庫A-2棟 住友倉庫内
    DMM mobile窓口
    助手のジョン

    SIMカードの返却は絶対に忘れないように気をつけなきゃ!

    BB博士

    それだけじゃない!SIMカードの返却忘れ以外にも気を付けたいのが「格安SIM解約時の解約費用」。
    解約前に解約費用もチェックして、油断せずにいこう!

    格安SIM解約に必要な料金まとめ

    格安SIMの解約前に知っておきたいのが格安SIM解約時に必要な費用。

    格安SIM解約時に必要となる料金は次の6点です。

    • 解約月の月額利用料金
    • 最低利用期間内の解約で解約違約金が発生
    • 契約プランの最低利用期間内の解約で解約違約金が発生
    • 格安SIMの返却費用
    • 格安SIMを紛失した場合
    • 【格安SIM解約後乗り換えの場合】MNP移転費用

    解約時に自分はどれくらいの費用が必要になるのか調査してから解約に臨んでくださいね。

    解約月の月額利用料金

    解約を申し込んだ月の月額利用料金は、日割り・まるまる1か月分請求など、格安SIM会社によって変わります。

    月額利用料金が日割りにならないところは、月の始めに解約の申し込みをしても、当月の月末まで解約にならないので、乗り換えなどの際は上手に計算して解約したいですね!

    格安スマホ会社ごとの解約月の月額利用料金をまとめましたので、解約する前に確認してください!

    スマホ会社
    解約月の料金
    UQモバイル
    日割り
    OCNモバイルONE
    満額
    LINEモバイル
    満額
    楽天モバイル
    満額
    マイネオ
    月額料金:日割り
    オプション利用料金:満額請求
    ワイモバイル
    一部日割り計算
    (プランにより異なる)
    イオンモバイル
    日割り
    BIGLOBEモバイル
    満額
    DMM.モバイル
    満額
    BB博士

    解約時の月額料金、結構忘れがちなんだよね。
    併せて契約している格安SIM会社の締め日にも気を付けてね!

    【音声SIMを契約の場合】最低利用期間内の解約で解約違約金が発生

    音声対応SIMをご契約の場合、ほとんどのキャリア(MVNO)で最低利用期間が設けられています。

    最低利用期間を満たさずに解約してしまうと、1万円近い解約違約金が請求されてしまいますよ!

    利用開始月から半年~1年以上の最低利用期間を過ぎれば解約金不要になる格安SIM会社が多いので、解約違約金発生の防止のためにも最低利用期間が過ぎてから解約しましょう。

    また、音声対応SIMでも解約金0円!というキャリア(MVNO)もありますが、乗り換えに必要なMNP転出手数料が高額に設定されていることもありますので、気をつけましょう。

    格安スマホ会社ごとの最低利用期間と解約金額は以下の通りです。

    データSIMの
    解約違約金
    音声通話SIMの解約違約金
    UQモバイル
    音声通話プラン:
    1年以内の解約で9,500円
    ・ぴったりプラン・おしゃべりプラン
    契約から25カ月以内の解約で9,500円
    (26カ月目以降はまた0カ月目として計算)
    OCNモバイルONE
    最低利用期間:利用開始月から6か月目まで
    解約金:8,000円
    LINEモバイル
    最低利用期間:利用開始月から12か月目まで
    解約金:9,800円
    楽天モバイル
    最低利用期間:利用開始月から12か月目まで
    解約金:9,800円
    マイネオ
    ワイモバイル
    ・格安SIMと同時に契約した端末によって変わる
    ・ベーシックプランは解約金不要
    イオンモバイル
    BIGLOBEモバイル
    最低利用期間:利用開始月から12か月目まで
    解約金:8,000円
    DMM.モバイル
    最低利用期間:利用開始月から12か月目まで
    解約金:8,000円

    データ専用SIMは基本的に最低利用期間がない

    上記の表から、音声通話機能付きSIMでは、ほとんどの会社で最低利用期間と解約金の設定がされているとわかります。

    しかし、音声通話のできないデータ通信専用SIMをご契約の場合は、最低利用期間も解約金もなし!という格安SIM会社がほとんどです。

    契約プラン・キャンペーンの解約違約金

    上記の最低契約期間内の解約金とは別に、ご契約中の料金プランやキャンペーンにも独自の最低利用期間や違約金が設定されている場合があります。

    例えば、UQモバイルの場合、通常プランなら最低利用期間が12か月ですが、おしゃべりプラン・ぴったりプランの場合、最低利用期間は24か月です。

    もちろん、24か月以内の解約でプランに対する契約解除料も請求されますので、ご注意ください!

    ご自分の契約プランや適用されているキャンペーンを知りたい方は、ご契約中の事業者の公式サイトから、マイページにログインすると確認できますよ。

    格安SIMの返却費用

    SIMカードの返却が必要な場合は、すみやかに郵送しなくてはいけませんでしたね。

    SIMカード単体は軽く薄いので、普通郵便用の封筒に入れて、82円切手一枚で郵送返送できますよ!

    ただし、格安SIMの返却費用も郵送代も契約者負担です。

    助手のジョン

    たった82円だけど、本音としては格安SIM会社に出してほしいよね…。

    【格安SIM解約後乗り換えの場合】MNP転出手数料

    格安SIMの乗り換え先で電話番号を引き継ぐ際には「MNP転出手続き」をしなくてはいけません。

    MNPの正式名称は「携帯電話番号ポータビリティ」といい、携帯電話会社を乗り換えても電話番号は変わらずに、新しく契約した携帯電話会社でも使い続けることができる制度です。

    乗り換えでMNP制度を利用するには、解約手続きではなく、現在ご契約中の格安スマホ会社からMNP予約番号を取得します。

    MNP予約番号は多くの場合、契約中の格安スマホのマイページから取得できますよ!

    MNP予約番号を取得した際、「MNP転出手数料」が現在契約中の格安スマホ会社から請求されます。

    金額は一律の会社もあれば、利用期間によって変わるところもありますので、こちらの一覧表でチェックしてみてくださいね。

    MNP移転費用
    UQモバイル
    3,000円
    OCNモバイルONE
    3,000円
    LINEモバイル
    3,000円
    楽天モバイル
    3,000円
    マイネオ
    • 利用期間が13か月目以降:2,000円
    • 利用期間が13か月目以内:11,500円
    ワイモバイル
    • 利用期間が7か月以降:3,000円
    • 利用期間が6か月以内:6,000円
    イオンモバイル
    • 利用期間が180日以降:3,000円
    • 利用期間が180日以内:8,000円
    BIGLOBEモバイル
    • 利用期間が4か月以降:3,000円
    • 利用期間が3か月以内:6,000円
    DMM.モバイル
    3,000円
    助手のジョン

    格安SIMの解約違約金やMNP手数料が高すぎるのはお財布にダメージが…!

    BB博士

    それなら、乗り換え先の格安SIMをキャッシュバックや割引キャンペーンが豊富なところを選べば、解約違約金の分の負債をカバーできるよ!

    格安SIM解約時の費用を抑える方法

    格安SIMの解約で必要になる費用をいくつかご紹介してきましたが、出来ればどれも支払いたくない…

    負担金はできるだけ抑えて解約や乗り換えをしたいですよね。

    それでは、解約時の費用を抑える方法をご紹介します!

    最低利用期間を過ぎてから契約更新月に解約する

    最低利用期間を設定している格安スマホ会社は多いですが、通常6か月~12か月以上使うといつ解約しても解約金はかかりませんので、それまで我慢しましょう。

    ただし、契約期間を定めているプランで申し込んでいる場合、約2年間の契約期間のあとに、契約更新月という期間が来ます。

    契約更新月中は契約者の意思確認期間ですので、契約更新月に解約を申請すれば、解約金は発生しません

    契約更新月を過ぎれば、契約プランが自動更新され、また2年間の契約期間が延長される場合もありますので、要注意ですよ!

    MNP手数料負担キャンペーンは実施している会社が少ない

    同じ電話番号を引き継いでの乗り換え手続きに必要なMNP転出手数料ですが、安いところで3,000円、高いところでは契約期間に合わせて1万円前後が請求されます。

    出来ればMNP転出手数料も、支払わずに乗り換えたいですよね!

    少し前までは乗り換え先の格安スマホ会社がMNP転出手数料を負担してくれるキャンペーンも、よく耳にしました。

    しかし、現在では総務省の携帯電話に関するガイドラインの改訂で、乗り換えキャンペーンを実施している格安スマホ会社はかなり少なくなっています。

    もし、キャッシュバック込みで乗り換えをお考えの方は、お早めの契約をおすすめします!

    キャンペーンが充実しているおすすめ乗り換え先!

    それでは、キャンペーンが充実している乗り換え先をご紹介します!

    UQモバイル

    • 紹介キャンペーン
    • 最大13,000円キャッシュバック
    • イチキュッパ割

    楽天モバイル

    • 紹介キャンペーン
    • 複数回線契約キャンペーン
    • スーパーホーダイ月額料金割引

    マイネオ

    • マイネオ紹介キャンペーン
    • マイネオ端末購入時にAmazonギフト券プレゼント
    • mineoでんわ10分かけ放題 最大2か月無料キャンペーン

    キャッシュバックや月額料金からの割引、ギフト券プレゼントなど、嬉しい特典がいっぱい!

    ぜひ、お得に格安スマホを乗り換えてくださいね。

    【番外】ドコモ・au・ソフトバンクを解約して格安SIMに乗り換えるタイミングは?

    現在、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手携帯会社をお使いの方で、格安スマホへの乗り換えが気になる!という方も多いはず!

    大手キャリアは歴史が長いので安心感はありますが、やはり毎月の通信費が高くなってしまいますよね。

    現在ご契約中のキャリアに対応した格安SIMを購入すれば、お使いのiphoneやandroid端末が格安SIMでもそのまま使えて、スマホ料金も節約でき、とても魅力的です。

    キャリアから格安SIMへの乗り換えのタイミングは、いつが1番いいのでしょうか?

    大手携帯電話キャリアは通常、2年~5年の契約期間を設けています。

    契約期間内に乗り換えると、高額の解約違約金が発生してしまいますので、契約期間満了後の契約更新月に解約することで負担金を減らすことができますよ。

    格安SIMは月途中での契約で月額料金は日割り計算、データ通信量は1カ月分もらえる、というところも多く、月の20日前後に契約すれば、アプリの設定などでデータ量を消費しがちな乗り換え月もお得に使える!という裏技もありますよ!

    キャリアから格安SIMへの乗り換え手順

    キャリアから電話番号はそのままで、お持ちのスマホで格安SIMに乗り換える手順はこちらです。

    1. キャリアからMNP予約番号を取得
    2. 格安SIMを新規契約する
    3. APN設定を行う

    MNP予約番号はキャリア各社のサポートセンターやMYページなどから取得できます。

    MNP予約番号の期限は14日間ですので、取得したら早めに格安SIMの新規契約をしましょう。

    格安SIMが届いたら、格安SIMでスマホを使えるようにするAPN設定をご自分で行い、乗り換えは完了です。

    ちなみに、格安SIMに乗り換えるとアドレスに@docomoや@softbank、@auのついたキャリアメールが使用できなくなります。

    乗り換え前には必ず、今までキャリアメールに送られてきていたメールの確認やアドレス変更を行いましょう。

    キャリアから格安SIMへの乗り換え手順は、こちらでくわしく解説していますので、ご覧ください。

    BB博士

    格安SIMの解約はすごく大変なイメージだけど…解約前に準備と手順を確認しておけば、案外簡単にできちゃうよ!
    格安SIMの解約を検討している人は、ぜひ試してみてね!

    まとめ

    格安SIMの解約手順は大きく3ステップ!

    1. 契約中の格安SIM会社のサイトへログインする
    2. 指定の解約手続きを行い、契約を解除する
    3. SIMカードを返却する

    格安SIMの解約を申し込む方法は、電話、インターネットなど手軽な方法から、ショップへの来店や郵送など、各社それぞれ違いがありましたね。

    解約をお考えの際には、ご自分の契約先の解約手順をしっかり確認してくださいね!

    また、最低利用期間内の解約には違約金が発生します!

    契約したプランによっては、別で契約期間と解除料が定められている場合もあるため要注意ですよ!

    現在、乗り換えキャンペーンを行っている格安スマホ会社は少ないですが、まだまだ特典が充実している乗り換え先は次の3社です!

    乗り換えにおすすめな格安SIM

    • UQモバイル
    • 楽天モバイル
    • マイネオ

    キャッシュバックや月額料金割引などをゲットして、上手に格安SIMを契約してくださいね!

    SNSでもご購読できます。