閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

OCN光の乗り換え方法まとめ!おすすめの他社回線を比較

ネットライフ研究所

OCN光を契約中だけど、以下の理由で他社回線に乗り換えたいといった方も少なくないのではないでしょうか。

「月額料金がもっと安い回線に乗り換えたい」
「もっと速度が速い回線に乗り換えたい」
「もしインターネット回線を乗り換えるとして、初期費用や工事費ってかかるの?できるだけ安くならない?」

上記のようなお悩みを解決するために、各主要回線を比較し、どの回線に乗り換える場合が一番メリットが大きいのか解説します。

また、乗り換え時のおすすめ代理店も紹介していきます!

代理店を経由して契約すれば、公式キャンペーン+代理店限定キャンぺーンも適用できるため、おすすめですよ!

まずは、OCN光から乗り換える場合におすすめの回線を紹介していきますので参考にしてくださいね。

OCNから乗り換えるならこの3つの回線がおすすめ!

キャンペーンが充実!ソフトバンク光
ソフトバンク光 NEXT
ソフトバンク光では最大100,000円まで違約金・撤去工事を負担してもらうことが可能です。
さらにソフトバンク光正規代理店NEXTなら開通後最短2か月後に33,000円を現金にて振り込んでもらえますよ。
また33,000円のキャッシュバックのほかにも、28,000円+無線LANルーター、Nintendo Switchといった3種類からキャンペーンの種類を選ぶことができます。
<ソフトバンク光のキャンペーン一覧>

  • 工事費用最大24,000円をキャッシュバックor月額割引
  • 最大33,000円キャッシュバック(代理店独自)
  • 他社解約金・違約金を最大10万円まで負担
  • ソフトバンクスマホとのセット割おうち割光セット
  • おうち割光セットスタートキャンペーン(合計9,500円割引)

ソフトバンク光の詳細はコチラ

ドコモスマホとの唯一のセット割!ドコモ光
ドコモ光ネットナビ
ドコモ光はドコモスマホとのセット割が適用できる唯一の光回線です。
そんなドコモ光は正規代理店ネットナビから申し込むことで最大15,000円のキャッシュバックがもらえますよ。

<ドコモ光のキャンペーン一覧>

  • 新規工事費無料キャンペーン(2019年9月~終了未定)
  • 現金最大15,000円キャッシュバック
  • ドコモ光セット割で最大3,500円月額割引
  • 2回線以上の契約で月額料金300円割引
  • 新規申し込みでdポイント最大10,000pt還元

ドコモ光の詳細はコチラ

独自回線で速度が速い!auひかり
auひかりフルコミット
auひかりは独自回線を使用した光回線です。フレッツ光の回線を利用している光コラボと違い、回線が混みあわないので速度が安定しやすいという特徴があります。
そんなauひかりは正規代理店フルコミットのキャンペーンページから申し込むことで、最短翌月末に60,000円もの高額キャッシュバックを受け取ることができます。

<auひかりのキャンペーン一覧>

  • 初期費用相当額を月額料金から割引
  • 他社回線の解約金・違約金を最大30,000円まで還元
  • 最大60,000円キャッシュバック(代理店独自)
  • auスマートバリューで月額最大2,000円割引

auひかりの詳細はコチラ

ソフトバンク光・ドコモ光・auひかりをおすすめする理由

             
今回紹介した3つの回線はなぜおすすめなのでしょうか?次で紹介していきます!

おすすめする理由1:セット割で月額料金が抑えられる!

ネットとスマホのセット割が適用でき毎月スマホ利用料が割引されます!自分が持っているスマホ機種と同じ回線を使用すると良いでしょう。

おすすめする理由2:キャッシュバック特典などキャンペーンが豊富

どうせ契約するならお得に契約できじょる回線を選びたいですよね。たとえばソフトバンク光とauひかりでは他社からの乗り換えを検討中の方にとって嬉しい特典、他社回線の解約金と違約金を負担してくれるキャンペーンを行っています。ドコモ光は工事費無料特典を不定期に行っていますよ。(2019年9月~終了日未定)

おすすめする理由3:信頼性が高い!

大手キャリアを名乗っているだけあって信頼性が高いため、安心して契約ができます。

【注意】光コラボに乗り換えで新規契約扱いに!

OCN光からソフトバンク光やドコモ光といった光コラボに乗り換える場合は、「新規契約」扱いになることに注意しましょう。

なぜ、新規扱いになるかというと原則として光コラボから光コラボに乗り換える場合は、転用ができないからです。

また、新規契約扱いになるだけでなく、運営している会社が異なるため、新たに工事をする必要もでてきます。

もちろん、開通工事費も必要ですので注意してくださいね
※光コラボレーションとは:NTT提供の「フレッツ光」を他の事業者が借り受け、オリジナルの料金やサービスを再販する形態

とはいえ、OCN光からauひかりなど光コラボじゃない回線に乗り換える場合も同様に開通工事費がかかるため、そこまで問題視しなくても良いでしょう。

上記で紹介している回線では、キャッシュバック特典や新規乗り換えで工事費が無料または安くなるキャンペーンが豊富にありますので、キャンペーンを適用することでお得に契約できる可能性も高いですよ!

助手のジョン

上記3つの回線に乗り換えることでキャッシュバックや割引など料金をかなり抑えることができるんだね!でも光回線を選ぶときって、料金や費用だけ見ておけばいいのかな?

BB博士

実際に光回線の乗り換えを考えている人は、料金はもちろんだけど他にもいろいろな観点からおトクかそうでないかを考えているようだよ。
次に、実際に乗り換えをするときにチェックするポイントを見ていこう。

光回線を選ぶときにチェックするポイント

光回線を選ぶ際に、自分の中が回線契約で気になるポイントを順位付けしておくと、数多くある回線の中から自分にあった回線を見つけやすくなります。

光回線の乗り換えを考えているけど、何を見て回線を決めればいいかわからない…という方は、下記のポイントをチェックしてみてください!

ポイント1:月額料金

回線の料金を重要視する方も多いのではないでしょうか。

料金をチェックする場合は、キャンペーンやセット割を適用することで月額料金を割引できる可能性もあります!

お使いの携帯電話会社との兼ね合いや、キャンペーン内容などとあわせてチェックしてみてくださいね。

ポイント2:キャッシュバック・割引特典

キャッシュバックや割引特典などのキャンペーンは、回線によって月額料金が安くなるものから工事費や解約金を負担してくれるものなどさまざまです。

月々の費用が削減できることはもちろんですが、費用削減に加えてキャッシュバックなどのお得なチャンスがプラスされている期間もあります。

キャンペーンを見極めお得な契約を行いましょう!

ポイント3:通信速度

通信速度はかなり重要な指標ですよね。せっかくインターネット回線を乗り換えたのに「速度が遅くストレスがたまる・・・」
なんてことがあっては大変です。

自宅のインターネットに接続しているパソコンやスマートフォンの数によっても、その性能は大幅に変わりますのでよく考えてから契約を行いましょう。

光回線を選ぶときのポイントは分かりましたか?

今の契約内容が、自宅でのインターネットの使い方に適している内容か、今一度チェックしてみるのもおすすめです!

それでは次にOCN光と主な光回線との比較をしていきましょう。

また、乗り換えをせずOCN光を契約したままでも月額料金を抑える方法や、解約時の注意点なども解説しますので乗り換えにお悩み中の方はぜひ参考にしてくださいね。

光回線比較表で各回線契約を理解しよう!

まずは光回線の比較表で、各回線を理解しましょう。

月額料金はもちろん、セット割料金に関しても解説しますので是非参考にしてくださいね。

<回線別比較表>
OCN光
ソフトバンク光
ドコモ光
auひかり
月額料金

(戸建て住宅)
5,100円

(割引なしの場合 6,200円/月)
5,200円
5,200円
5,100円
月額料金

(マンション)
3,600円

(割引なしの場合 4,700円/月)
3,800円
4,000円
3,800円
通信速度
最大1Gbps
最大1Gbps
最大1Gbps
最大1Gbps
セット割
OCN光モバイル割
おうち割
ドコモ光セット割
auスマートバリュー
セット割引料金
200円/月値引
毎月最大1,000円割引
毎月800円~最大3,500円割引
1,000円/月割引
助手のジョン

表を見ると、各回線のメリットがよくわかったよ!OCN光にもセット割があるんだね!

BB博士

そうだね。それでは次にOCN光のセット割引であるOCNモバイル割についてとOCN モバイル ONEについてみていこうか。

乗り換えはちょっと待って!OCN モバイル割って知ってる?

OCN光では、OCN モバイル ONEを使用している人にはうれしいセット割引を適用できます。

OCNモバイルONEについて知らない方のために説明すると、OCN モバイル ONEとは、NTTコミュニケーションズが提供している格安SIMです。

OCN モバイル ONE(SIMの契約)と、OCN光(自宅のインターネット回線)を一緒に契約することでセット割引特典がつき、通常よりも安く利用することが可能となり、5契約まで割引適用されるため最大1,000円の割引を受けることができます。

以下で、セット割引適用前と適用後の料金について比較していますので参考にしてください。

<OCNモバイル割引適用前・適用後料金>
OCN光の月額料金

OCN モバイル ONEの月額料金(音声通話つき110MB/日コース)
セット割引き/月
割引適用前の合計月額料金
割引適用後の合計月額料金
戸建て住宅
5,100円
1,600円
200円
6,700円
6,500円
マンション
3,600円
1,600円
200円
5,200円
5,000円

※上記はすべて税抜きです

助手のジョン

なるほど。OCN光とOCN モバイル ONEをセット利用する場合は200円安くなるんだね。でも、自分が今使っている携帯電話会社のセット割を使う方がお得だよね。

BB博士

そうだね。家の回線も、自分の持っている携帯電話の機種に乗り換えるとセット割が適用できるからOCN光よりも安くなるからおすすめだよ。ということで次は、OCN光の解約手順を見ていこう。

OCN光の解約方法

OCN光を解約する方法はインターネットで解約電話で解約の2種類があります。

今回は、2種類の解約方法について詳しく解説していきますので、参考にしてくださいね!

OCN光をインターネットで解約

OCN光の解約を解約はインターネットからも可能です。

まず次の二つを用意しましょう。

OCN光解約で必要なもの

  • OCN会員登録証
  • お申し込み内容のご案内

あとの解約手順はこちらから行えます。

上記の書類に記述があるお客様番号(Nから始まる10桁の番号)認証IDとパスワードの入力を行うと、マイページに飛ぶことができますので画面の指示に従い、手続きを完了させてくださいね。

OCN光を電話で解約

OCN光の解約は、下記のお問い合わせ窓口に電話することでも申し込むことができます。

<NTTカスタマーズフロント>
電話番号
0120-506506
受付時間
10:00~19:00

(日、祝、年末年始を除く)

解約の意思を伝えると、そのまま撤去工事の日程決めに移ります。

工事には立ち合う必要があるので、あらかじめ時間に余裕のある日にちを確認しておきましょう。

また、その後の解約手順についても、オペレーターが丁寧に教えてくれますので指示に従って解約手続きをおこなってくださいね。

OCN光解約の注意点

OCN光を解約する際には以下の注意点がありますので、こちらも目を通しておきましょう。

注意点を把握して適切な解約を行うと違約金などといった費用を抑えることができますので、ぜひ参考にしてくださいね。

工事費用の分割払いで支払いが残っている場合は一括で請求される

OCN光を新規契約している場合には、光ファイバーの引き込み線工事等、初期工事費用を分割で支払っている場合があります。

開通工事費を分割で支払っている場合は、残債を一括で支払う必要がありますので注意しましょう。

工事費用の分割払いの残債については下記で確認してみてください。

<開通工事費用の残債計算>
工事費用
ファミリータイプ
初回:
3,000円

2回目以降:月々500円を30か月支払う

合計18,000円
マンションタイプ
初回:3,000円

2回目以降:月々400円を30ヶ月支払う

合計15,000円

例えば、戸建て住宅でOCN光の契約を行っており14ヶ月で解約をする場合は、月々500円の支払いが16ヶ月分残っていますので8,000円を一括払いしなくてはならないということです。

現在、何ヶ月間OCN光を利用していて残債がいくらか分からない場合は、NTTカスタマーズサポート(TEL:0120-506-506)に連絡すると工事費未払い分がいくらか教えてもらうことができます。

OCNのメールアドレスが使えなくなる

OCN光の回線契約にて、○○××△△@xxxxx.ocn.ne.jpのようなメールアドレスを利用していた場合は、当然OCN光解約と同時にそのアドレスは使用できなくなります。

重要な相手とのやり取りや銀行やショッピングなどの会員サービスなどにメールアドレスを使っている場合は、相手にメールアドレスの変更を通知したり、サービスのWebサイト上で登録アドレスの変更を行う必要があります。

しかし、バリュープランというメールアドレス1つにつき月額料金270円(税込)の支払いを行うプランを選ぶことでメールアドレスを残すことができますよ。

どうしても、今後もOCNのメールアドレスを使いたいという方は、利用してみてはいかがでしょうか。

ひかり電話の電話番号が変更になる場合も

ひかり電話を使用している場合は、固定電話番号が引き継げないケースもあります

下記で電話番号が引き継げるケースと引き継げないケースについて確認しましょう。

<電話番号を引き継げるケース>
  • NTT加入電話(NTT発番)→フレッツ光→OCN光→他社回線
  • NTT加入電話(NTT発番)→OCN光→他社回線
    <電話番号を引き継げないケース>
  • フレッツ光(発番)→OCN光→電話番号消滅
  • OCN光(発番)→電話番号消滅

NTT加入権がない電話番号は、解約に伴って固定電話番号が消滅してしまいますので注意してください。

反対に、NTT加入権を持った電話番号の場合は、固定電話番号を変更せずに引き継ぐことができます。
電話番号の引き継ぎ方法については下記リンクで詳しく説明していますので是非参考にしてくださいね!

2年自動更新型割引プランでは11,000円の解約違約金がかかる

OCN光を「2年自動更新型割引」の契約プランで契約している場合、更新月以外で解約する場合は11,000円の解約違約金がかかりますので注意してください。

お金を無駄にしないためにも、解約を検討する段階で更新月を確認し、余裕をもって解約手続きをすすめていくようにしましょう。

更新月以外に解約したい場合は、違約金負担キャンペーンを実施している光回線へ乗り換えることで、解約違約金の分を還元してもらえます。

たとえばauひかりでは、auひかり新スタートサポートという特典を実施しています。

これによって他社解約違約金で最大30,000円まで後日還元してくれるのです。

またソフトバンク光のSoftbankあんしん乗り換えキャンペーンでは、他社解約違約金を最大10万円分まで還元してくれます。

更新月以外に解約する方は、こうした違約金負担キャンペーンについても検討してみてくださいね。

auひかりの申し込みはコチラ

ソフトバンク光の申し込みはコチラ

フレッツ光に再転用不可能!

過去にフレッツ光を利用していたことがある場合には再転用は不可能です。

はつまり、今後何らかの事情でフレッツ光を再度使いたいとなった場合でも、過去に使用していたお客様番号やID、ひかり電話番号を再度使用はできませんので注意しましょう。

フレッツ光を再契約したい場合は、新規で申し込む必要があり、また、新規で再契約となると工事費・月々の費用は新規開設と同様の費用です。

転用とは
「フレッツ光」から他社回線サービスへ変更する際に、お客さまの契約先をNTTから他社へ円滑に変更する手続きのことです。
助手のジョン

フレッツ光へ再転用するのはなんだか面倒くさそう・・・。それじゃあ、逆にフレッツ光からOCN光に転用する場合はどうなの?

BB博士

今度はフレッツ光からOCN光に転用する場合のメリットやデメリットを見ていこうか。

フレッツ光からOCN光に転用するメリット

次にフレッツ光からOCN光に転用を考えている方のために、フレッツ光からOCN光に転用するメリットを解説していきます!

フレッツ光とOCN光の月額料金の比較なども行っていますのでぜひ参考にしてみてくださいね!

回線速度が速い

OCN光は、フレッツ光と同じ回線を利用しているため、最大1GBの回線を利用できます。
そのため、ストレスなくインターネットを楽しむことができるようになっています。

また、100Mbpsと200Mbpsの回線プランも用意されているため、1Gbpsも必要ないという方は、プランを変えて料金も抑えられるようになっているのがうれしいですね。

フレッツ光よりも月額料金が安い

OCN光の料金が安いというのは、2年自動更新型割引を適用した場合です。

標準金額の場合だとOCN光のほうが割高ですが、大体の人がお得な2年自動更新型割引を適用するため、標準金額に関しては気にしなくても問題ありません。

また、OCN光はプロバイダ料金込みとなっていますが、フレッツ光の場合はプロバイダ料金が別途必要となることも覚えておきましょう。

<OCN光とフレッツ光の月額料金比較>
OCN光

(標準金額)
OCN光

(2年自動更新型割引適用)
フレッツ光

東日本
フレッツ光

西日本
戸建て住宅
6,200円
5,100円
5,700円
5,400円
マンション
4,700円
3,600円
3,850円
4,060円

※フレッツ光東日本の料金はギガ推し割引き・にねん割を適用後の料金です。
フレッツ光西日本の料金は光はじめ割を適用後の料金です。
※フレッツ光の料金はプロバイダ契約をOCNで行った場合の料金です。

OCN光とフレッツ光東日本、西日本の料金を比較してみるとOCN光のほうが月額料金が安くなっているのがわかりますね。
月額料金だけをみるとフレッツ光よりもOCN光に転用する方がメリットが高いといえるでしょう。

2年自動更新型割引とは

2年自動子新型割引とは毎月月額料金が1,100円(税抜)割引されるプランです。

毎月割引が適用されるため、お得になっていますが、条件として24か月間は必ず継続して利用しなくてはならず、24か月よりも前に解約することは不可能となっていますので注意しましょう。

相談窓口が一括されているため分かりやすい

フレッツ光を利用したインターネット環境では、トラブルの際にプロバイダに問い合わせるべきか、NTTに問い合わせるべきかがわかりにくいですよね。

OCN光に転用するとプロバイダもOCNのため、相談窓口が同じです。インターネットのトラブルの際にも問い合わせる窓口に迷わずにすむので安心です。

フレッツ光からの転用の場合は工事や違約金・解約金が不要

現在フレッツ光の回線を使っている場合は、OCN光に転用する際に再び工事する必要がありません。

また、違約金・解約金も不要なため、お得に移行できます。

理由としては、OCN光はフレッツ光の回線を使用している光コラボであるためです。

フレッツ光からの乗り換えをお考えの方は工事費用や違約金、解約金が不要な光コラボを選ぶことをおすすめします。

フレッツ光からOCN光に転用するデメリット

では、フレッツ光からOCN光へ転用するデメリットはあるのでしょうか?
次から解説していきます!

速度が遅いとの評判もある

速度が速いとの評判がある一方で、遅いとの評判もあるようです。

ただし、遅い、速いの評判を鵜呑みにしすぎるのも考えものです。接続環境(Wi-Fiか、有線接続か)や接続台数など、実際にはさまざまな要因でかなりの変動があります。

周囲にOCN光を使用している人がいたら、使用環境を確認したうえで、実際の通信速度はどうか聞いてみるのもいいですね。

フレッツ光でOCN以外のプロバイダを使っていた場合解約金がかかる可能性がある

プロバイダの最低利用期間に満たない期間で利用していた場合は、違約金がかかる可能性があります。各プロバイダのWebサイトで、解約金や違約金についての記述を確認してみましょう。

スマホとのセット割がない

OCN光が提供しているセット割は、自社が提供する格安SIM 「OCN モバイル ONE」とのもので、月額200円の割引が受けられます。

しかし、現在は、格安SIMよりも大手キャリアのスマホを利用している方が多いので、魅力を感じる方はあまりいないのではないでしょうか。

ソフトバンクやauなどは、もちろん自社のインターネット回線とスマートフォンのセットで割引を受けることができます。

また、ビッグローブ光はauスマホとセット割が可能、NURO光ならソフトバンクスマホとセット割が可能と、大手キャリア名の回線でなくてもスマホとセット割が可能な回線が多数ありますので、自分が持っているスマホのキャリアと提携している回線をチェックし月々の料金をお得にしてみてはいかがでしょうか。

IPv6接続サービスがない

IPv6とは、ひとことで言ってしまえば、「高速にインターネットを利用できるサービス」です。

近年はインターネット利用者の増加により、通信速度が遅くなることがよく発生していましたが、従来とは違う新しい通信網(車線の数が多い、新しい高速道路が開通したというイメージでしょうか…)を利用することによって、回線が遅い問題を大幅に軽減できるのです。

しかし、多くの光コラボレーション事業者では提供しているIPv6サービスが、OCNの場合は利用できません。

今後ますます利用ユーザーや通信の量が増えると予測されている昨今、新しいサービスが使えないというのはかなり辛いかもしれませんね。

まとめ

今回はOCN光から乗り換える方法を中心に解説しました!

解約時の注意点や乗り換える場合の注意点などは理解できましたか?

とくにOCN光からフレッツ光へ再転用できないことは抑えておいてくださいね!

またOCN光からの乗り換えは自分のスマホとセット割が適用できる回線がおすすめです!

セット割が適用できる回線は数多ありますが、やはり信頼性が高いのは大手キャリア!

ソフトバンク光・auひかり・ドコモ光から自分にあったものを選択して、毎月の月額料金をお得にしちゃいましょう!

SNSでもご購読できます。