閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

OCN光の提供エリアとは?エリアの確認方法もまとめました!

ネットライフ研究所

OCN光とは、プロバイダOCNが提供するOCN接続プランです。

大手プロバイダOCNが提供していることで有名なインターネットサービスであるため、契約を検討しているという人もいるのではないでしょうか。

OCN光を契約をするにあたり一番初めにするべきことはエリアチェックです。

どれだけ契約したいと思っていても、エリア外の場合は利用できませんので注意してくださいね。

今回は、OCN光の利用を検討している方に向けて、OCN光の提供エリア、エリア確認方法を解説します。

エリア外の場合のおすすめ回線、引っ越し時にエリアをまたぐ場合の料金なども紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。

助手のジョン

OCN光ってエリアはたしか広いんだよね?ということはたぶん、OCN光を契約できるはずだよね。

BB博士

間違ってはいないんだけど、いくら提供エリアが広いからといって必ずエリア内っていうわけじゃないんだよ!エリアチェックは必須だ。

助手のジョン

そうなの?それじゃあエリア外だった場合のおすすめ回線も念のため知りたいな。

BB博士

OK!エリア外の場合におすすめのインターネット回線を見ていこう!

OCN光がエリア外!おすすめのインターネット回線2選

1:日本全国に展開!auひかり
auひかりフルコミット戸建て:月額5,100円~/マンション:月額3,800円~
利用可能エリア:日本全国
auひかりは料金の安さ・速度のはやさ・豊富な割引、キャッシュバックキャンペーンなどバランスの取れた光回線!
さらに、関東エリアなら5Gbps・10Gbpsプランの契約もできます!
※なお、auひかりは関西・東海ではマンションタイプのみ契約可能です
  • オプション契約不要で翌月振込!
    現金最大60,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 学割キャンペーン(申込者が学生の場合5,000円キャッシュバック)(代理店限定)
  • 新規申し込みと掃除に引っ越しの場合5,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 工事費実質無料 (公式)
  • 他社光回線違約金の相当額還元(公式)
  • 月額料金最大600円割引(公式)
  • auスマートバリューの適用(公式)

auひかりの詳細はコチラ

とうとう関西・東海エリアにも進出!NURO光
NURO光アウンカンパニー戸建て:月額4,473円~/マンション:月額1,900円~
関東、関西、東海、九州地方(一部エリアを除く)
最大2Gbps+独自の技術で通信速度は軒並み好評!
関東エリアで大人気のNURO光が、2018年に関西・東海地方にも導入されました。
もちろん、割引・キャッシュバックキャンペーンも実施中!
通信速度重視のあなたにはNURO光がオススメ!
  • 最短翌月末に35,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 初期工事費39,900円(税抜)が実質0円
  • おうち割光セットでソフトバンクスマホ×10回線が毎月最大1,000円(税抜)割引

NURO光の詳細はコチラ

NURO光の提供エリアに注意!

auひかりは全国の70%とかなりの広範囲を提供エリアとしてカバーしているため、利用できる可能性は高いです。

しかし、NURO光は提供エリアが関東地方、関西地方、東海地方とかなり絞られており、利用できない場合も多いですので注意してくださいね。

以下でNURO光の提供エリアをまとめましたので紹介します。

NURO光の提供エリア

  • 関東地方:東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・群馬県・栃木県・茨城県
  • 東海地方:愛知県・三重県・岐阜県・静岡県
  • 関西地方:京都府・大阪府・滋賀県・奈良県・兵庫県

また、上記の都道府県に属していてもNURO光を利用できない場合があります。

自宅が提供エリア内かチェックしたい場合は、以下のサイトから無料で簡単に行えますのでチェックしてくださいね!

NURO光の提供エリアをチェックする

助手のジョン

ふむふむ。おすすめはauひかりとNURO光か。2回線とも速度が速いって評判だし、お得なキャンペーンも受けられてお得だよね!

BB博士

でも、この2回線も全国すべてが提供エリアってわけじゃないから注意してね!

auひかりとNURO光のエリアが気になる人は以下をチェックしてみて!

助手のジョン

分かったよ!でもやっぱりOCN光も気になるな~。

BB博士

OK!それじゃあOCN光の提供エリアを紹介しよう!記事内で料金なども紹介しているから、本当に自分に合った回線かチェックしてみてね!

OCN光の提供エリアは全国規模!

OCN光の提供エリアは、フレッツ光と同じです。

なぜなら、OCN光はフレッツ光と同じNTT回線を利用して運用されている「光コラボ」であるからです。

フレッツ光は日本全国をほぼ網羅しているので、OCN光も同様にエリアは全国規模です。

OCN光の提供都道府県は、以下の表でご確認ください。

OCN光の提供エリア
NTT東日本エリア
NTT西日本エリア
北海道、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、群馬県、福島県、山形県、茨城県、栃木県、東京県、千葉県、神奈川県、静岡県の一部、埼玉県、山梨県、長野県、新潟県 福井県、石川県、富山県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、鳥取県、島根県、山口県、岡山県、徳島県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県、大分県、鹿児島県、沖縄県

OCN光は東日本・西日本エリアで月額利用料が変わらない

OCN光は東日本でも西日本でも料金が変わりません。

フレッツ光だと東日本と西日本でコース名や料金体系が少々異なりますが、OCN光だと統一されているので分かりやすいですね。

OCN光は機器レンタル料金がエリアごとに異なる

OCN光は、機器のレンタル料金が東日本と西日本で違います。

例えば、西日本であれば無料で提供される無線LANルーターが、東日本だと月額300円のレンタル料金が必要となります。

ただし、東日本でも100Mまたは200MプランかつOCN ひかり電話を利用していれば無料となるんですよ。

上記のように、エリアによってレンタル料金が変わりますので、不安があれば事前に確認しておくといいですね。

助手のジョン

OCN光のエリアはフレッツ光と同じなんだね!それに料金もフレッツ光より安くてお得だ~!

BB博士

でも、自宅がエリアかはまだ分からないよ!以下で自宅が本当にエリアなのかチェックする方法を記述しているから参考にしてね!

本当にOCN光利用できる?自宅がエリア内か確認する方法を紹介!

都道府県別の提供エリアをチェックして、お住まいの都道府県が含まれていたからOCN光が使える!と喜ぶのはまだ早いです。

なぜなら、場所によっては回線が来ていない場合もありますし、自宅の状況で回線が利用できない場合もあるためです。

自宅でOCN光が使えるかどうかは、フレッツ光の公式サイトで確認できますよ。

フレッツ光の公式サイトで、自宅の住所や郵便番号を入力するだけで提供エリア内かどうかがわかりますので、簡単・便利ですね。

フレッツ光公式サイトで確認

フレッツ光の公式Webサイトは、東日本と西日本で分かれているため、確認方法も東と西で分かれます。

まずは、お住まいの場所が東日本エリア・西日本エリアのどちらに属すかを確認しましょう。

上記の表に記載のある都道府県が含まれるエリアが、フレッツ光における所属エリアとなります。

東日本提供エリアの確認方法

まずは、東日本エリアでの確認の方法を説明しますね。

  1. NTT東日本のWebページに接続する
  2. 自宅の住所の郵便番号および自動で表示される住所をクリックする
  3. 確認場所が戸建てかマンションかを選択する
  4. 全ての情報が入力されると、提供エリアかどうかが表示される

西日本提供エリアの確認方法

次に、西日本エリアでの確認方法を説明します。

  1. NTT西日本のWebページに接続する
  2. 「通常のお申し込み」を選択する
  3. 住居のタイプ、郵便番号や府県を選択後、自動で表示される住所を次々にクリックする
  4. 全ての情報が入力されると、提供エリアかどうかが表示される
BB博士

ちなみに、OCN光はネットサービスとオプションであるテレビサービスでもエリアが異なるから注意しよう!

以下でテレビオプションの提供エリアを見ていくよ!

OCNひかりテレビのサービス提供エリア

OCN光のオプションサービスであるテレビオプションはOCN光ネットと提供エリアが異なりますので注意しましょう。

OCN光のテレビオプションの提供エリアは以下になります。

OCN光テレビオプションの提供エリア
NTT東日本エリア
NTT西日本エリア
北海道、福島、群馬、栃木、茨城、新潟、東京、千葉、神奈川、埼玉の一部エリア 静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、和歌山、奈良、広島、三重、滋賀、岐阜、福岡、岡山、香川、佐賀、徳島の一部エリア

OCN光のインターネッサービスよりも提供エリアが狭いことが分かりますね。

エリアの違いから分かるようにネットサービスが利用できてもテレビオプションが利用できない場合もあることを理解しておきましょう。

助手のジョン

インターネットサービスでもテレビサービスでもそうだけど、仮にエリア外だった場合は対処法ってあるの?

BB博士

エリア外の場合は、違う回線を契約するしか解決策はないよ!

OCN光が提供エリア外の場合のおすすめインターネット回線

OCN光が提供エリア外であった場合は、他の回線を検討しましょう。

おすすめの回線をいくつか紹介しますので、あなたに合った回線を選んでくださいね!

auひかり

auひかりフルコミット

auひかりは自社で独自にインターネット回線を引いています。

そのため、光コラボやフレッツ回線が提供エリア外であっても、auひかりなら利用できる可能性があるんですよ。

auひかりは、フレッツ光の回線とは別なので混雑が少ないため、通信速度も速いです。

2018年10月から10ギガサービスも提供開始しています。

料金も光コラボの回線とほぼ変わらないうえに、キャンペーンも充実しているので検討する価値ありですよ。

  • 最大60,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 12ヶ月間月額600円の割引
  • 違約金30,000円まで負担
  • 電話オプションパックが12ヶ⽉無料
  • 工事費用37,500円が実質無料

auひかりを申し込むなら、正規代理店フルコミットのキャンペーンページから契約するのがオススメです。

オプション加入なしで最短翌月に最大60,000円のキャッシュバックがもらえます。

申請方法も申し込み時に電話口で口座番号を伝えるだけなので、もらい忘れの心配もありませんよ。

auひかりフルコミットのキャンペーンページはこちら

auひかりのキャンペーンについて詳しく知りたい方は以下の記事を確認してください

auひかりの対象エリア

auひかりの提供エリア(戸建ての場合)を表でまとめてみました。

地域
提供エリア
北海道
北海道
東北
青森県、岩手県、秋田県、山形県、宮城県、福島県
関東甲信越
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県、新潟県
北陸
石川県、富山県、福井県
中国
岡山県、広島県、山口県、島根県、鳥取県
四国
香川県、徳島県、高知県、愛媛県
九州
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、大分県、宮崎県

提供エリアのなかに、近畿地区・東海地区など、含まれていないエリアがあるのがわかりますね。

含まれていない地域は、auひかりと業務提携を行っている電力会社系の会社にて回線提供を行っているエリアです。

また、含まれている都道府県であっても、場所によっては回線が来ていないなどで、サービスが提供できない場合もありますよ。

ちなみに、マンションの場合は提供外エリアであってもauひかりを使える場合もあります。

auひかりのエリアについてもっと詳しく知りたい場合は、以下の記事をチェックしてください。

NURO光

NURO光アウンカンパニー

NURO光は、関東・関西エリア限定の独立した光回線です!

回線の混雑が少ないほか、通信速度は最大2Gbpsに加え、2018年10月から10ギガサービスも提供開始しています。

エリアが限定されているので速度が速いほか、マンションプランは2,000円台と超格安で利用できますよ。

NURO光では、乗り換えキャンペーンが実施されていませんが、NURO光公式のSo-netや、NURO光正規代理店アウンカンパニーでは35,000円のキャッシュバックを受け取ることができるので、乗り換えの際の違約金の負担を減らすことができますよ。

NURO光を申し込む場合、公式のSo-netならオプション加入なしで4か月後に35,000円が振り込まれます。

NURO光公式はこちら

ソフトバンクスマホとのおうち割光セットに加入するなら、最短翌月末に35,000円のキャッシュバックを振り込んでくれるアウンカンパニーがオススメです。

アウンカンパニーの公式HPはこちら

NURO光のキャンペーンについて詳しく知りたい方は以下の記事をチェックしてください。

NURO光の対象エリア

NURO光の提供エリアを表でまとめてみました。

地域
提供エリア
関東
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県
東海
愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
関西
大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県
九州
福岡県、佐賀県

2019年10月現在、NURO光は関東、東海、関西、九州地方の一部のエリアにおいて利用可能です。

これまでいきなり全域で使えるというわけでなく、着々と利用エリアを拡大していった状態ですので、これからエリア拡大する可能性は十分にありますよ

NURO光のエリアについてより詳しいことは、以下のリンクで紹介しています。

助手のジョン

そういえば、もし仮に引っ越しなどで東日本・西日本エリアをまたぐときってどうなるの?

OCN光はNTT東日本・西日本から回線を借りているはずだから、エリアをまたぐ場合は手続きが必要になるのかな?

BB博士

良いところに気が付いたね!エリアをまたぐ場合について見てみよう!

引っ越し先がエリアをまたぐ場合は解約手続きが必要なの?

引っ越しをする際、東日本エリア内または西日本エリア内であれば、引っ越し手続きが可能です。

OCN光のマイページより手続きを行ってください。

しかし、東日本と西日本をまたぐ引っ越しの場合は、一旦解約し、再度契約するような形をとる必要があるので注意してください。

なぜなら、光コラボ回線であるために、NTT東日本・西日本両方との調整が発生するためです。

ユーザーとして行う必要があることは、OCNのカスタマーズフロント(0120-506-506・受付時間:10:00~19:00)に事前に連絡することです。

担当者からの指示に従い、引っ越し先での回線工事の調整や機器の返却を行う場合がありますよ。

OCN光を解約で必要な違約金・解約金

OCN光で2年自動更新型割引を利用している場合は、11,000円の違約金が必要となるので注意が必要です。

2年自動更新型割引とは、24ヶ月間の契約継続を条件に、OCN光の月額料金が1,100円割引となるサービスです。

もちろん、2年自動更新型割引の更新月に解約を行えば、違約金が発生することはありませんよ。

引っ越しの際にエリアをまたいだ転居を行った場合も、解約と同じ扱いになり、違約金が発生するケースもありますので注意してくださいね。

なお、OCN光の転用前にプロバイダ・OCNの「2年割」を契約していた利用者の場合、OCN光への転用と同時に2年自動更新型割引を申し込めば、転用前の「2年割」の更新月が2年自動更新型割引の更新月に引き継がれます。

引っ越しでフレッツ光から転用!転用承諾番号が必須!

引っ越しと同時に、フレッツ光からOCN光へ転用しようと考える方もいらっしゃいますよね。

ここで注意していただきたいのが、転用の際は「転用承諾番号」を発行する必要があるという点です。

転用承諾番号とは、フレッツ光を運営するNTT東日本・西日本が発行する、アルファベット1文字+数字10桁の番号です。

エリアをまたぐ場合、フレッツ光の利用エリア、つまり引っ越し前に住んでいた側のエリアで転用承諾番号を取得する必要があるので注意してくださいね。

問い合わせは電話・インターネット両方で可能です。

<転用承諾番号の取得方法>

NTT東日本
電話番号から取得する場合:0120-140-202(9:00~17:00)
Webで取得する場合:NTT東日本Webページから取得
NTT西日本
電話番号から取得する場合:0120-553-104(9:00~17:00)
Webで取得する場合:NTT西日本Webページから取得

注意点として、転用承諾番号の有効期限は15日間であることを覚えておきましょう。

番号を発行してもらったら、できるだけ早く申し込みに進んでくださいね。

OCN光 2018 新生活キャンペーンは終了しているので注意!

OCN光で、引っ越しの際に発生した開通工事費用を無料にするキャンペーンが実施されています。

しかし、上記キャンペーンは申込受付期間が2018年2月1日~2018年5月31日となっており、残念ながらすでに終了しています。

ただし、引っ越しが多い3月前後の時期はいろいろな回線で同様のキャンペーンをやっており、OCN光も来年も同じようなキャンペーンを実施しているかもしれませんよ。

来年度の春に引っ越しを行う可能性のある方は、ホームページなどで早めにチェックしておくといいですね。

【番外】OCN光 with フレッツの提供エリアを紹介

OCN光は、OCN光がフレッツ光の回線を借りて運営している回線です。

つまり、回線・プロバイダともにOCNの管理下にあるということになり、料金請求もOCN光一本で届く、ということになるんですね。

対してOCN光 with フレッツは、フレッツ光と回線契約をし、なおかつプロバイダをOCNと定めたサービスの名称で、フレッツ光とプロバイダ・OCNとで別々に料金請求が届くことになります。

名称が似ているのでこんがらかってしまいそうですが、両社の違いを次からもっと掘り下げてみてみましょう。

OCN光 with フレッツも提供エリアも同じ!

OCN光も、OCN光 with フレッツも、フレッツ光の回線を利用しているので提供エリアは同じです。

回線のタイプ(○ギガタイプのように速度が設定されているもの、戸建て・マンションなどの住居形態を定めるものなど)は、フレッツ光の回線タイプの中から選ぶことができます。
フレッツ光の回線タイプとは、「フレッツ 光ネクストギガファミリー・スマートタイプ」などの名称のことで、フレッツ光をお使いであればなんとなく聞いたことがあるのではないでしょうか。

OCN光 with フレッツであっても上記の回線タイプと同じ名称が使われていますので、転用の際も分かりやすくてうれしいですね。

OCN光 with フレッツはエリアで料金が変わる!

OCN光 withフレッツは料金が東日本エリアと西日本エリアで変わるという点に注意が必要です。

OCN with フレッツ光とOCN光の料金を比較した表を見てみましょう。

<ファミリータイプ>
OCN光月額利用料金
フレッツ光月額利用料
東日本エリア
西日本エリア
インターネット回線使用料
5,100円
5,000円
4,300円
プロバイダ料金
1,100円
合計月額利用料
5,100円
6,100円
5,400円

※OCN光は2年自動更新型割引適用後の料金です。
※フレッツ光東日本の月額利用料はフレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプの料金を記載しています。
※フレッツ光西日本の月額利用料はファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼/ファミリーハイスピード/ファミリータイプの料金を記載しています。

<マンションタイプ>
OCN光月額利用料金
フレッツ光月額利用料
東日本エリア
西日本エリア
インターネット回線使用料
3,600円
3,250円
2,850円
プロバイダ料金
900円
810円
合計月額利用料
3,600円
4,150円
3,660円

※OCN光は2年自動更新型割引適用後の料金です。
※フレッツ光東日本の月額利用料はフレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプのプラン2の料金です。
※フレッツ光西日本の月額利用料はマンション・スーパーハイスピードタイプ 隼(ひかり配線方式)/マンション・ハイスピードタイプ(ひかり配線方式)/マンションタイプ(ひかり配線方式/VDSL方式)プラン2の料金です。

ファミリータイプ、マンションタイプともにOCN光の方が金額が安いですが、OCN with フレッツ光だけで見ると、東日本より西日本の方が回線の料金は安いですね。

特に東日本エリアの場合は、OCN光に転用することで月額料金がかなりお得になりますので、転用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

OCN光は、フレッツ光の回線を借りて運営する光コラボ回線のため、フレッツ光が使えるエリアであればOCN光も使うことができます

フレッツ光は言わずと知れた全国規模の回線ですので、使える範囲も非常に広範囲ですよ。

自宅が提供エリア内かどうかを確認したい場合は、フレッツ光のサイトでチェックできますよ。

もし提供エリアの範囲外だったという場合は、フレッツ光を利用していない、auひかりNURO光などの独自回線がおすすめです。

また、回線自体はフレッツ光であるため、フレッツ光の東日本エリア・西日本エリアをまたぐ場合は手続きが煩雑になり、違約金が発生する可能性もあるので注意しましょうね。

プロバイダで有名なOCNの光コラボ回線・OCN光は、使える範囲も広く、料金も大手光コラボ回線と同等のリーズナブルな金額でおすすめですよ!

SNSでもご購読できます。