閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光東日本の料金は結局何円?料金プランと割引・キャッシュバック情報を公開!

フレッツ光 東日本 料金

東日本エリアにおけるフレッツ光の料金についてわからないことがあり、困っていませんか?

月々いくらかかるのか、お得なキャンペーンはないのかなど、利用するにあたっての疑問点はたくさんあるでしょう。

この記事では、フレッツ光東日本の各種料金や、おすすめのプロバイダ紹介、他社光回線との比較などを行います。

最後まで読めば東日本のフレッツ光の料金について、しっかり理解できますよ!

BB博士
と、その前に!
フレッツ光東日本と同じ「東日本エリア」で契約できる、
割引・キャッシュバックが豊富な、お得度が高い光回線をチラ見せしちゃうぞい!

東日本エリアで契約できる!料金・割引・キャッシュバックが豊富な光回線3つ

1:キャンペーンが充実!auひかり
auひかりフルコミット戸建て:月額5,100円~/マンション:月額3,800円~
利用可能エリア:日本全国
auひかりは料金の安さ・速度のはやさ・豊富な割引、キャッシュバックキャンペーンなどバランスの取れた光回線です。
さらに、関東エリアなら5Gbps・10Gbpsプランの契約もできますよ
  • オプション契約不要で翌月振込!
    現金最大60,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 工事費実質無料 (公式)
  • 他社光回線違約金の相当額還元(公式)
  • 月額料金最大600円割引(公式)
  • auスマートバリューの適用(公式)
  • auひかりホーム10ギガ・5ギガの加入で、高速サービス料を3年間割引(公式)

auひかりの詳細はコチラ

2:速度の速さが魅力!NURO光
NURO光戸建て:月額4,473円~/マンション:月額1,900円~
利用可能エリア:東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・栃木・群馬・関西・東海・九州の一部
NURO光は通常プランでも下り速度が最大2Gbpsと高速なのが魅力です。
2018年からは東京・神奈川・埼玉・千葉県の一部地域で最大6Gbps・10Gbpsの次世代高速プランも提供開始しています。
公式特設サイトからNURO光を申し込むことで、最大35,000円のキャッシュバックがもらえますよ。
  • 最大35,000円キャッシュバック(公式特設サイト限定)
  • 初期工事費39,900円(税抜)が実質0円
  • おうち割光セットでソフトバンクスマホ×10回線が毎月最大1,000円(税抜)割引

NURO光の詳細はコチラ

3:フレッツ光と同じ品質で料金が安い!光コラボレーション
フレッツ光回線を利用した光回線サービス「光コラボ」
月額料金とプロバイダ料金がセットになって、毎月の費用を節約できます。
各社が展開するお得な割引・キャッシュバックキャンペーンも見逃せませんね
  • auユーザーはSo-net光でauスマートバリューが適用!
  • ソフトバンク・ワイモバイルユーザーはソフトバンク光でおうち割が適用!
  • ドコモユーザーはドコモ光でドコモセット割が適用!

光コラボの料金について詳しく調べる

BB博士
それじゃあ早速、フレッツ光東日本エリアの月額料金について調べてみよう!
助手のジョン
れっつご~!

【図解】フレッツ光東日本の料金形態(料金体系)をわかりやすく解説!

フレッツ光東日本の契約で発生する料金は、以下のとおりです。

  • フレッツ光東日本の月額料金
  • プロバイダの月額料金
  • 工事料金(一括払いの場合は初月のみ)
  • 契約料(初月のみ)

オプション契約をした場合は、別途オプション料金もかかるのでご注意ください。

フレッツ光東日本は月額料金と別でプロバイダ料金が発生!

フレッツ光東日本 接続イメージ
出典:フレッツ光 公式HP

フレッツ光では、光回線の月額料金に加えてプロバイダとも契約が必要です。

NTT東日本との契約は「光回線を使う権利」のみを得られます。

BB博士
つまり、インターネットに接続して様々なサービスを使うためには、フレッツ光東日本とプロバイダの両方を契約しなければいけないってことだよ!

サービスの月額料金も、 NTTとプロバイダ事業者からそれぞれ個別に請求されます。

なお、他社光回線の場合、プロバイダと光回線を1つの契約で利用できるものもあります。

フレッツ光東日本で選ぶべきプロバイダは?プロバイダ料金を比較

フレッツ光東日本で選べる主なプロバイダの料金や、特典をまとめました。

ファミリータイプ
(戸建住宅)
マンションタイプ
(集合住宅)
IPv6
対応状況
プロバイダの特典一覧
BB.excite
500円
500円
  • 6か月間月額300円
Asahiネット
780円
700円
  • 12か月間無料
DTI
951円
680円
  • 初月無料+23か月間半額
  • ファミリータイプのみ出張サポート無料
WAKWAK
950円
800円
  • 23か月間月額500円
So-net
1,000円
900円
  • 月額料金割引
  • セキュリティサービス12か月無料
  • 安心サポート12か月無料
  • 生活トラブルサポート12か月無料
@nifty
1,000円
950円
  • 西日本限定/グループ割引
OCN
1,100円
900円
なし
hi-ho
1,200円
890円
  • 4カ月間無料
BIGLOBE
1,200円
900円
  • プロバイダ乗り換えで200円×24か月間割引
  • ファミリータイプの契約で永年200円割引
Yahoo! BB
1,200円
950円
  • 月額料金・プロバイダオプションが初月無料
  • 出張設定サポート最大2カ月間無料

※表中のプロバイダはいずれもIPv6対応済

フレッツ光のプロバイダは、安さだけでなく「IPv6接続」や「v6プラス」対応であることも重視して選びましょう。

「IPv6接続」や「v6プラス」に対応していれば、回線混雑を避けて高速で通信できますよ。

表に記載したプロバイダの中では、料金の安さを追求するならBB.excite、安さに加えて速度の速さ・安定性を求めるなら、 ASAHIネットを選ぶのがおすすめです。

ASAHIネットについては以下の記事でも解説しているので、合わせて参考にしてくださいね。

【戸建て・マンション別】フレッツ光東日本の料金プラン一覧

フレッツ光東日本では、選ぶプランによって通信速度やサービス内容、そして月額料金が異なります。

プラン名
月額基本料金
特徴
戸建て
フレッツ光ネクスト
ギガファミリー・スマートタイプ
5,700円
最大1Gbpsの使い放題プラン
Wi-Fiルーターの提供あり
フレッツ光ネクスト
ファミリー・ギガラインタイプ
5,400円
最大1Gbpsの使い放題プラン
Wi-Fiルーターの提供はなし
フレッツ光ネクスト
ファミリー・ハイスピードタイプ
5,200円
最大200Mbpsの使い放題プラン
Wi-Fiルーターの提供はなし
フレッツ光ライト
基本料:2,800円
上限料金:5,800円
最大100Mbpsの2段階定額プラン
毎月1,200MB以上の利用で5,800円に定額
フレッツ光ライトプラス
基本料:3,800円
上限料金:5,500円
最大100Mbpsの2段階定額プラン
毎月10,000MB以上の利用で5,500円に定額
集合住宅
フレッツ光ネクスト
ギガマンション・スマートタイプ
3,350円~4,350円
最大1Gbpsの使い放題プラン
Wi-Fiルーターの提供あり
フレッツ光ネクスト
マンション・ギガラインタイプ
3,050円~4,050円
最大1Gbpsの使い放題プラン
Wi-Fiルーターの提供はなし
フレッツ光ネクスト
マンション・ハイスピードタイプ
2,850円~3,850円
最大200Mbpsの使い放題プラン
Wi-Fiルーターの提供はなし
フレッツ光ライト
2,000円~4,300円
最大100Mbpsの2段階定額プラン
毎月970MB以上の利用で4,300円に定額

※マンションタイプのフレッツ光ネクストは契約見込み数により料金が変動

インターネットをほとんど使わない(メールなどの軽い用途中心)なら、料金が安いフレッツ光ライトでも満足できるでしょう。

しかし動画を見る、ゲームをダウンロードするなど便利に活用したいなら、速度が速いフレッツ光ネクストがおすすめです。

フレッツ光ネクストの「ギガ○○タイプ」なら最大1Gbpsの高速通信ができるので、どんな用途でも快適にこなせますよ!

フレッツ光東日本 ひかり電話の利用料金

フレッツ光を東日本で契約する場合、セットで「ひかり電話」も契約できます。

ひかり電話とは、光ファイバーを用いた音声通話サービスです。

ひかり電話は通常の電話回線を使用する固定電話のように使えますが(電話機も使いまわしOK)、通話料金は3分8円(固定電話宛)など安価ですよ。

基本プランなら月額500円(税抜)で、他にはオプションや無料通話ができるプランもあります。

月額料金(税抜)
オプション
基本プラン
500円
×
ひかり電話A
1,500円
  • 480円分の通話可能(1ヶ月繰越あり)
  • ナンバー・リクエスト
  • ナンバー・ディスプレイ
  • 着信お知らせメール
  • ボイスワープ
  • 迷惑電話お断りサービス
  • キャッチホン
安心プラン
1,400円
  • 1,280円分の通話可能
もっと安心プラン
3,900円
  • 4,800円分の通話可能

普段の通話の利用状況を踏まえつつ、プランを検討してみてください。

以下の記事でひかり電話についてもっと詳細に解説しているので、合わせて参考にしてくださいね。

ナンバーディスプレイなどのオプションは別途料金が必要

ひかり電話は、通常はナンバーディスプレイなどのサービスが利用できません。

オプションは別料金を支払って利用する必要があります。

月額1,500円(税抜)のひかり電話Aなら以下の6つのオプションが利用可能です。

  • ナンバー・ディスプレイ
  • ナンバー・リクエスト
  • ボイスワープ
  • 迷惑電話おことわりサービス
  • キャッチホン
  • 着信お知らせメール

必要に応じて検討してみてくださいね。

フレッツ光東日本 テレビサービスの利用料金

東日本のフレッツ光には、フレッツ・テレビ・ひかりTV・U-NEXTの3つの映像サービスがあります。

それぞれの利用料金は、以下のとおりです。

月額料金(税抜)
フレッツ・テレビ
750円
U-NEXT
1,990円
ひかりTV
3,000円

フレッツ・テレビは光ファイバーで、地デジ、BS、そしてオプション契約でCSも見られます。

U-NEXTは動画や電子書籍の定額配信サービスで、様々な映画やドラマ、アニメなどを見ることができますよ。

ひかりTVは専用チューナーを利用して、地デジやBS、そして専門チャンネルや見放題ビデオコンテンツを楽しめます。

各テレビサービスは以下の記事でも解説しているので、チェックしてみてください。

なおフレッツ・テレビでは、別途利用に初期費用もかかります。

初期費用(税抜)
フレッツ・テレビ

フレッツ光と同時申し込み:
登録料2,800円+伝送サービス工事費3,000円+屋内同軸配線工事6,500円
=合計12,300円
単独申し込み:
登録料2,800円+伝送サービス工事費7,500円+屋内同軸配線工事19,800円
=合計30,100円
U-NEXT
なし
ひかりTV
なし

フレッツ・テレビの初期費用は、フレッツ光と同時に申し込むなら半額以下に抑えられますよ!

【戸建て・マンション別】どっちがお得?フレッツ光と東日本エリアで人気の回線を比較

他社光回線はスマートフォンとのセット割があったり、プロバイダ料金が月額料金に含まれていたりなど、お得に使える制度が満載です。

フレッツ光と他社光回線の月額料金やキャンペーンを比較してみましょう!

月額基本料金
(戸建て)
月額料金
(マンション)
エリア
割引・キャッシュバックキャンペーン
フレッツ光
東日本:5,700円~
※別途プロバイダ料金必要
東日本:3,350円~4,350円
※別途プロバイダ料金必要
全国
  • 法人契約のみ最大70,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 月額料金割引(公式)
NURO光
4,743円~
1,900円~
関東
関西
東海
  • 現金最大35,000円キャッシュバック(公式特設サイト限定)
  • 工事費実質無料(公式)
  • 月額料金大幅値引(公式)
  • おうち割光セットの適用(公式)
コミュファ光
5,550円~
+通話料
5,550円~
+通話料
中部
東海
  • 現金最大30,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • ギガデビュー割で月額料金割引(公式)
  • 紹介特典で商品券1万円分プレゼント(公式)
  • auスマートバリューの適用(公式)
auひかり
5,100円~
3,800円~
全国
  • 現金最大60,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 工事費実質無料 (公式)
  • 他社光回線違約金の相当額還元(公式)
  • 月額料金最大600円割引(公式)
  • auスマートバリューの適用(公式)
ソフトバンク光
(光コラボ)
5,200円~
3,800円~
全国
  • 現金最大35,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 工事費実質無料(公式)
  • 他社違約金・撤去工事費など相当額還元(公式)
  • おうち割光セットの適用(公式)
ドコモ光
(光コラボ)
5,200円~
4,000円~
全国
  • 現金最大15,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • dポイント10,000ptプレゼント(公式)
  • 他社携帯電話違約金相当額還元(公式)
  • ドコモ光パックの適用(公式)
  • 初期工事費無料キャンペーン(公式/2019年9月~終了日未定)
So-net光
(光コラボ)
5,700円~
3,400円~
全国
  • 5年間で最大合計81,600円の月額割引(公式限定)
  • 月額料金値引(公式)
  • auスマートバリューの適用(公式)
OCN光
(光コラボ)
6,200円~
4,700円~
全国
  • 月額料金割引(公式)
  • OCNモバイル割の適用(公式)
ビッグローブ光
(光コラボ)
5,180円~
4,080円~
全国
  • 月額料金割引キャンペーン BIGLOBESIMとのセット割

たとえばNURO光はソフトバンクのスマートフォンを月々最大1,000円(税抜)×10台、auひかり・So-net光・ビッグローブ光・コミュファ光はauのスマートフォンが毎月最大2,000円(税抜)×10台割引にすることができますよ!

BB博士
ちなみに、フレッツ光では公式サイトでも個人向けのキャッシュバックキャンペーンを実施していないんだ!
キャッシュバック重視の人なら、キャッシュバック実施の光回線を選んでね!

フレッツ光東日本の料金支払い方法

フレッツ光で選べる支払い方法は、以下の3つです。

  • クレジットカード
  • 口座振替
  • NTTファイナンスの「tabalまるごと決済」

デビットカードは使えないので、ご注意ください。

フレッツ光東日本の月額料金はいつから請求?→初月は日割りで請求!

東日本のフレッツ光は、月額料金を初月から請求されます。

初月の月額料金は日割りなので、月半ばで契約しても満額請求されることはありません。

ちなみに解約月も、日割りでの料金請求になりますよ。

フレッツ光東日本の料金確認方法

フレッツ光・東日本の料金確認方法は、以下の3つです。

BB博士
@ビリングに登録していれば、いつでもどこでも料金をすぐにチェックできるよ!

フレッツ光東日本で使える料金割引・キャッシュバックキャンペーン

フレッツ光を東日本エリアで契約する場合は、以下の4つのキャンペーンを利用できます。

  • ギガ推し!割引(にねん割適用を条件に新規契約から30ヶ月間、ギガファミリー:300円、ギガマンション:200円割引)
  • にねん割(2年契約を条件に戸建住宅は700円、マンションは100円の月額割引)
  • もっとライトに!割引(戸建住宅でフレッツ光ライト契約時、初期工事費9,000円か月額500円×2年間の割引を受けられる)
  • NTT東日本 ADSLからフレッツ光への移行キャンペーン(1月31日まで、工事費やセットアップサービス、ひかり電話の工事費・設定料金無料)

キャッシュバックなどの豪華な特典は、個人向けにはとくに用意されていないのでご注意ください。

以下の記事で、フレッツ光のキャンペーンについて解説しています。

フレッツ光東日本に携帯とのセット割はない

フレッツ光を契約する場合、スマートフォン・携帯電話とのセット割引は受けられません。

セット割の適用を希望するなら、フレッツ光と同じ品質で月額料金も安い光コラボがおすすめですよ!

例えばドコモ光はドコモ、So-net光はau、ソフトバンク光はソフトバンクトのセット割を受けられます。

詳しくはこの記事の後半、スマホの機種別・あなたにおすすめの光コラボはどこ?で解説します!

フレッツ光東日本のキャッシュバックキャンペーンは「法人」だけ!

東日本のフレッツ光でキャッシュバックを受けたい場合は、法人であれば特典を利用可能です。

法人は代理店経由での申込みで、最大70,000円のキャッシュバックを受け取れますよ。

個人はキャッシュバックなどの特典を受けられないので、ご注意ください。

助手のジョン
フレッツ光は個人向けのキャンペーンは公式サイトでも実施していないみたい…
BB博士
キャッシュバックキャンペーンを重視する人は、フレッツ光と同じ回線で通信できる光コラボの契約がおすすめだね!

フレッツ光東日本の契約にかかる料金(初期費用と工事費用)

フレッツ光東日本の工事料金は、以下の通りです。

月額料金(税抜)
分割支払い時
戸建住宅
18,000円
初回3,000円、2回目以降500円×30回
マンション
15,000円
初回3,000円、2回目以降400円×30回

支払いは分割でも行えるので、まとめて支払うのが難しい場合に検討してみてはどうでしょうか。

BB博士
ちなみに、フレッツ光申込時は、別途契約料が800円必要だよ!

フレッツ光東日本では工事費無料キャンペーンは実施していない

フレッツ光では、工事費を無料や割引にできるキャンペーンが実施されていません。

ソフトバンク光やドコモ光などの光コラボでは工事費無料キャンペーンが実施されているので、工事費を抑えたい場合は他社光回線・光コラボをご検討くださいね。

フレッツ光東日本の料金が高い!3つの対処法

助手のジョン
うわっ…ぼくの月額料金、高すぎ…?
BB博士
ふむふむ…。
月額料金を見直す必要がありそうだね!

フレッツ光を東日本エリアで使っていて、料金が高いと困っている方はいませんか?

ここからは、料金が高い場合の対処方法を紹介します!

1.フレッツ光東日本の「料金確認」から不要なオプションを外す

フレッツ光東日本で料金確認をすると、不要なオプションが契約されたままになっている場合があります。

もし不要なオプションを契約していたら、オプションの解約を行いましょう!

2.プロバイダを乗り換える

料金が高いプロバイダを使っている場合は、もっと安いプロバイダに乗り換えれば費用を抑えられます。

例えばBB.exciteなら、月額500円(税抜)で利用できますよ。

ただし、乗り換え時にこれまで使っていたプロバイダ料金の解約金が発生する可能性があるので、事前に乗り換えコストをご確認の上検討してみてくださいね。

3.フレッツ回線を最安値で利用するなら!光コラボに転用する

フレッツ光から光コラボに乗り換えれば、回線は同じままで料金を下げられます。

光コラボはフレッツ光と同じNTTの回線を使っていて、安価な月額料金にプロバイダ料金も含まれるためお得なのです。

光コラボごとに割引・キャッシュバックキャンペーンが展開されていたり、スマートフォンとのセット割を受けて月々の出費を抑えられたりもしますよ。

転用は工事料金・フレッツ光の解約料金が不要!

フレッツ光から光コラボへ乗り換える(転用する)場合、工事費やフレッツ光の解約金が不要です。

設備はそのままで契約のみが光コラボへ移行されるので、立ち会い工事なども基本的には行われません。

手間をかけず、支払うお金も契約事務手数料のみの最小限に抑えて乗り換えられますよ。

スマホの機種別・あなたにおすすめの光コラボはどこ?

おすすめの光コラボは、スマートフォンの契約先ごとに異なります。

  • ドコモ:ドコモ光
  • au:So-net光
  • ソフトバンク・ワイモバイル:ソフトバンク光

それぞれで行われている割引キャンペーンは、以下のとおりです。

ドコモ光
  • 現金最大15,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • dポイント最大10,000ptプレゼント
  • 他社携帯電話違約金相当額還元
  • ドコモ光パックで、スマホ代が月額100~3,500円割引(1回線のみ、複数回線はシェアパックへの適用で割引に)
  • 初期工事費無料キャンペーン(新規契約者向け)
So-net光
  • 5年間で最大合計81,600円の月額割引(公式限定)
  • セキュリティオプション最大12か月無料
  • auスマートバリューで、auスマホが毎月最大2,000円×10回線割引
ソフトバンク光
  • 現金最大33,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 工事費実質無料(新規契約者向け)
  • 他社違約金・撤去工事費相当額の還元
  • おうち割光セットで、ソフトバンクスマホが毎月最大1,000円×10回線割引

キャンペーンを活用して、お得に光コラボを使ってみてください。

フレッツ光東日本の解約で発生する料金|解約費用を抑える裏技3つ

フレッツ光を東日本で契約する場合、解約費用は以下のとおりです。

戸建住宅
マンション
解約金(税抜、にねん割契約時)
9,500円
1,500円

ただし解約費用は、3つの手順で抑えられますよ。

解約料金を抑える方法1.更新月の解約

フレッツ光を東日本で「にねん割」を適用して契約している場合、契約満了の翌月~翌々月なら無料で解約できます。

例えば2020年2月が契約満了月なら、3~4月に合わせて解約すれば解約金はかかりません。

解約料金を抑える方法2.光コラボへの転用

フレッツ光から光コラボへ転用するなら、解約金はかかりません。

以下の4つの手順を順番に進めて、転用しましょう。

  1. フレッツ光のお客さまID、ひかり電話番号または連絡先電話番号、そして契約者名と利用住所、支払い方法の情報を用意
  2. NTT東日本公式HPから、転用手続きを始める
  3. 転用承諾番号を発行したら、光コラボを申し込む
  4. 申し込み手続きの際に、転用承諾番号を入力する

光コラボへ転用するにあたって、プロバイダ料金の解約金や品目変更などが発生するケースでは、別途料金が発生するのでご注意ください。

解約料金を抑える方法3.他社解約違約金負担キャンペーンのある回線へ乗り換え

解約金を抑えつつ他社に乗り換えたい場合は、フレッツ光から他社解約金負担キャンペーンがある回線へ乗り換えましょう。

あるいは、高額なキャッシュバックを得られる光回線へ乗り換えるのも手です。

東日本で解約違約金負担キャンペーンがある回線は「auひかり」

auひかり

auひかりは、日本全国で契約可能な光回線サービスです。

上下最大1Gbps対応で高速・auユーザーは「auスマートバリュー」適用で、スマホ代を毎月最大2,000円×10回線割引にできますよ!

auひかりへ乗り換える際は、以下のキャンペーンを利用できます。

  • 現金最大60,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 工事費実質無料
  • 他社光回線違約金の相当額還元
フルコミットはオプション不要で最大60,000円キャッシュバック!
auひかりは正規代理店フルコミットのキャンペーンページから申し込むと、ネット+光回線の契約で60,000円、ネットのみの契約でも50,000円が最短翌月末にもらえますよ。
有料オプション加入不要、申し込みの電話口で口座情報を伝えるだけなので簡単です。

工事費を抑えられるうえに他社解約金相当額の還元も受けられるので、フレッツ光からの乗り換えに最適ですよ!

まとめ

フレッツ光を東日本で契約する場合、キャッシュバックや工事費無料、スマートフォンとのセット割といった豪華なキャンペーンは利用できません。

「ギガ推し!割引」や「にねん割」での月額割引を受けられる程度なので、もっとお得に光回線を使いたい場合は光コラボやauひかりなどの他社回線を検討しましょう。

フレッツ光は光回線のみの契約となり、インターネットを見るために必要なプロバイダを別途契約しなければいけないことも要注意です。

他社光回線の中にはプロバイダと光回線の契約が一つにまとまっていてわかりやすいものもあるので、契約をわかりやすく・料金も抑えたい場合は乗り換えるのもおすすめですよ。

SNSでもご購読できます。